トゥールーズ・キャピトル・バレエ『死せる女王』2016年3月30日DVD / Blu-ray発売

トゥールーズ・キャピトル・バレエの『死せる女王』DVDとBlu-rayが発売になりますね。

トゥールーズ・キャピトル・バレエ 音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー

演奏: フェランテ王…アートム・マクサコフ/イネス・デ・カストロ…マリア・グティエレス/ドン・ペドロ…ダヴィット・ガルスティアン/子供…ジュリエッテ・テリン/カデル・ベラルビ(振付&演出)/ブルーノ・デ・ラヴェネレ(デザイン)/オリヴィエ・ベリオ(衣装)/シルヴァイン・シェヴァロット(照明デザイン)/キャピトル国立管弦楽団/コーエン・ケッセルス(指揮)/ルク・リオロン(映像ディレクター)/ファビエンヌ・セルヴァン・シュライバー&ローレンス・ミラー(プロデュース)

2010年 コヴェントガーデン王立劇場 ライヴ収録/収録時間:110分/音声:《DVD》ステレオ2.0/DTS5.1 《BD》ステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.0/字幕:なし/REGION All(Code:0)/《DVD》片面2層ディスク 《BD》ニ層 50GB 1080i High Definition

2011年にトゥールーズ・キャピトル・バレエのために製作されたバレエ《死せる女王》は、14世紀に実在した女王イネス・デ・カストロを巡る物語です。フランスの小説家アンリ・ミロン・ド・モンテルランの同名の戯曲が元になっており、ポルトガルの王子ドン・ペドロとその恋人イネス・デ・カストロの悲恋が描かれたものです。彼女はドン・ペドロから寵愛を受け、すでに子供もいるのですが、ドン・ペドロの父であるフェランテ王は2人の仲を決してゆるすことはありません。一度は子供(王の孫にあたる)の顔を見て彼女の処刑を思い留まる王ですが、側近たちにそそのかされ、結局は彼女の処刑を執行してしまいます。その処遇に対して怒りを爆発させたドン・ペドロは王に対して反乱を起こすこととなります。最終的にペドロが王位についた際、イネスの名誉を復権させ彼女は正式に王妃として認められるのですが、このバレエは、鬼才ベラルビ(1962-)によって、ここに至るまでの2人の夢や幻影を現実と絡めながら美しく描かれていきます。チャイコフスキーの音楽とともに、夢幻的な世界をお楽しみください。《特典映像》キャスト・ギャラリー

YouTubeに予告編映像が公開されていたのでこちらもどうぞ。

美しくて幻想的な舞台ですね。
興味のある方は是非!