オニール八菜さんがブノワ賞を受賞!

パリ・オペラ座バレエ団のプルミエールのオニール八菜さんがブノワ賞を受賞したそうです!

振付家賞
ユーリ・ポソコホフ(『現代の英雄』 ボリショイ・バレエ団)、ヨハン・インガム(『カルメン』スペイン国立ダンス・カンパニー、『One on One』ネザーランド・ダンス・シアター)

最優秀男性ダンサー賞
キミン・キム(マリインスキー・バレエ)

最優秀女性ダンサー賞
オニール 八菜(パリ・オペラ座バレエ)、アリシア・アマトリアン(シュツットガルト・バレエ)

舞台装置賞
レン・ドンシェン(北京ダンス・アカデミー)

ブノワ・モスクワ・マッシーヌ・ポジターノ特別賞
エカテリーナ・クリサノヴァ(ボリショイ・バレエ)

パートナーシップにおける高度な芸術のための特別賞
アレクサンドル・リアブコ(ハンブルク・バレエ)

まずはこちらの記事「バレエ:ブノワ賞にオニール八菜さん – 毎日新聞」。

「バレエ界のアカデミー賞」と称される「ブノワ賞」が17日夜(日本時間18日未明)、モスクワのボリショイ劇場で発表され、女性ダンサー部門は東京都出身でパリ・オペラ座バレエ所属のオニール八菜(はな)さん(23)に決まった。対象は、昨年5月に本拠で踊った古典作品「パキータ」の表題役。日本仕込みの端正な技術と、フランスらしい優雅さが高く評価された。

オニールさんは「世界のビッグスターに与えられてきた賞。これからもたくさん踊り続けたい」と話している。

日本からの受賞は、2014年の木田真理子さん(スウェーデン王立バレエ所属)に続いて2人目。

FNNの記事「www.fnn-news.com: バレエ「ブノワ賞」に…」では授賞式の模様やオニール八菜さんのコメントの動画を少しだけ観られます。

バレエ界で最も権威のある賞の1つ、「ブノワ賞」の授賞式が17日、ロシアのモスクワで行われ、日本生まれで、現在、パリ・オペラ座で活躍するオニール八菜(はな)さん(23)が選ばれた。
ブノワ賞は、前の年に世界で上演された作品を対象に、最も活躍したダンサーや振付師などに贈られるもので、女性ダンサーとして、オニール八菜さんが選ばれた。
オニールさんは「信じられなかったです。聞き間違えかと思いながら『は? は?』って感じでした。わたしはまだ、カンパニーで踊り始めたばかりなので、本当に、皆様のおかげで、ここまで来られました」と話した。
日本人の母親を持つオニールさんは、3歳から東京都内のバレエ教室でバレエを始め、8歳の時に、父親の故郷であるニュージーランドに移住。
2013年に、パリ・オペラ座バレエ団と正式契約し、2016年からは、第1舞踊手の1人として活躍している。

ちなみにノミネートの時の記事はこちら。
http://balletnews.info/2016/04/11/%e3%83%96%e3%83%8e%e3%83%af%e8%b3%9e2016%e3%81%ae%e3%83%8e%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%8c%e7%99%ba%e8%a1%a8/

オニール八菜さんは京都バレエ団『ドン・キホーテ』にゲスト出演されることが決まっています。
http://balletnews.info/2016/01/14/%e3%82%aa%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%85%ab%e8%8f%9c%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%81%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%83%90%e3%83%ac%e3%82%a8%e5%9b%a3%e3%81%ab%e5%87%ba%e6%bc%94/

京都バレエ団『ドン・キホーテ』は現時点で席によってはまだ余裕があるようです。

京都バレエ団のチケット情報はこちら
icon

本当に素晴らしいですね。
おめでとうございます!

バレエ:ブノワ賞にオニール八菜さん – 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160518/k00/00m/040/152000c

www.fnn-news.com: バレエ「ブノワ賞」に…

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00324992.html