MVでトム・ヨークさんと踊る日本人ダンサー、高瀬譜希子さんのインタビュー

バレエ情報ポータルサイト [バレエナビ]に、レディオヘッドのトム・ヨークさんが率いるスーパーグループ、アトムス・フォー・ピースのMV「Ingenue」に出演されたことで話題となった日本人ダンサー、高瀬譜希子さんのインタビュー記事「高瀬譜希子インタビュー(カンパニー・ウェイン・マクレガー) ~踊りに救われ飛躍する異才の現在/横浜バレエフェスティバル2016出演~」が掲載されていますね。

まずはアトムス・フォー・ピースの「Ingenue」をどうぞ。

――踊りはじめた頃のことを教えてください。
ニューヨークに生まれました。両親はダンサーで母(高瀬多佳子)はローラ・ディーンやケイ・タケイさんの作品に出ていました。小さな頃から放課後に母が教えているところでレッスンをしていましたが私にダンスを習わせようというのではなく自由でした。でも母に反抗心があり強情だったので14歳くらいまでは踊りたいとは思っていませんでした。絵を描くのが好きだったのでデザイナーになりたかったということもあります。中学校ではダンス部に入りました。自分が一番上手いと思っていたのですが、部長・副部長にはなれませんでした。成績がずば抜けては良くなかったですし、リーダーシップの問題とかもあったとは思うのですが…。それで勉強も頑張ってコンクールに出ようと思いました。やりはじめたら競争心が出てきてコンクールにハマっていきました。

――ウェイン・マクレガーのカンパニーに入られた経緯は?
ウェインの作品が好きで憧れていたというのはあります。それにレパートリーカンパニーではなく振付家の人と向き合って作品を創るところに入って自分が成長したかった。オーディション受けて最初は駄目でしたが再度オーディションに呼ばれ受かりました。

――クリエイションの流れを教えていただけますか?
クリエイション期間は10週間です。そのうち8週間はダンサーとウェインが対等の関係でコミュニケーションをとりながら動きを創っていきます。最初に大まかなテーマを話してくれた後、1日に課題が5、6個は出る。ダンサーが10人いるので膨大な数の振付ができます。それを最後の2週間で編集していく。音楽や舞台美術のアーティストは2年前に決まっていて、私たちが踊る曲を知るのは最後の2週間です。それまでは全然違う曲で踊って振りの空気を創る。プレミアの日はドキドキします。開幕直前になって動きが変わることもあり、「1週目にやった振付をみせて!」と言われたりもする。脳味噌がパンパンの状態になりますが、ダンサーの責任なので覚えていないといけません。

――『横浜バレエフェスティバル2016』出演に先立ってワークショップの講師も務められました。何をどのように教えたのですか?
振付を教えるのと、それから創作じゃないですけれど、想像力を養うトレーニングにつながるようなことをやりました。それぞれの癖を尊重しています。同じ動きをもらっても、みんな一緒じゃなくて「この人はこの人」というのを引き出せれば。

――『横浜バレエフェスティバル2016』ではマクレガー作品ではなく、高瀬さんの新作ソロ『Measuring the Heavens』を発表します。和太鼓奏者の佐藤健作さんとの共演ですね。
ウェインの作品は基本的にアンサンブルなので抜き出してソロで踊る訳にはいかない。ガラ公演で上演するとすればデュエットとかになると思いますが、ウェインは自分でOKを出した人じゃないと踊らせないので、それも難しい。佐藤さんと組むことは芸術監督の遠藤康行さんから提案されました。テーマは重力です。古代ギリシャから重力が意識されていたと知って神の技じゃないかとか考えました。それを理解しようとし科学者の熱意を踊りにしてみたいなと。空を見上げ、時計と真剣に向き合い、自然の摂理を理論化した科学者達の功績に敬意を表し、相対性理論の計算式や中世のコスモス像から動きを作りました。

非常に興味深いインタビューですね。
ウェイン・マクレガーさんのカンパニーのクリエイションであったり、振付家としての一面であったり、様々な角度から高瀬譜希子さんを掘り下げていってると思います。

そんな高瀬譜希子さんが出演する「横浜バレエフェスティバル2016」は2016年08月07日(日)に公演が行われます。
チケットなどの情報については「横浜バレエフェスティバル」公式サイトをご覧ください。
みなさんも是非!

チケットキャンプで「横浜バレエフェスティバル」を検索する

高瀬譜希子インタビュー(カンパニー・ウェイン・マクレガー)▲~踊りに救われ飛躍する異才の現在/横浜バレエフェスティバル2016出演~ | PICK UP! :: Ballet Navi バレエ情報ポータルサイト [バレエナビ]

http://balletnavi.jp/article/pickup/20160801-3388/