第7回ワガノワ国際バレエコンクールの結果、男子部門で千野円句さん2位、ジュニア女子部門で島田陽衣さん1位、吉江絵璃奈さん2位

記事にするのが遅くなってしまったのですでにご存じの方が多いとは思いますが、第7回ワガノワ国際バレエコンクール(ワガノワ・プリ)の結果が発表されましたね。

男子部門

1位 Lee Sangmin
2位 Chino Mark(千野円句) and Egor Geraschenko
3位 Zagidullin Ervin

ジュニア女子部門

1位 Bulanova Maria and Shimada Harui(島田陽衣
2位 Savelieva Svetlana and Yoshie Erina(吉江絵璃奈

シニア女子部門

1位 Lee Soobin
2位 Sevenard Eleonora
3位 Park Seon Mee

ワガノア・アカデミーへの1年間の研修権利(スカラシップ): Markovic Anamarija and Takamori Miyu(高森美結
ベストパートナー – Lazarev Arsentiy
ディアナ・ヴィシニョーワ賞 – Smirnova Anastasia
ゲルギエフ基金賞 – Sevenard Eleonora
観客賞 – Boris Nikita

ということで日本人は千野円句さん、島田陽衣さん、吉江絵璃奈さんの3名が入賞、高森美結さんがスカラシップ獲得と大活躍でしたね。
千野円句さんは2016年4月に行われたペルミ国際バレエコンクールに続いての受賞です。
みなさんおめでとうございます!

さらに日本時間2016年10月30日午前1時からは閉会式とガラ公演がネット中継されるようです。

これも見逃せませんね!