モーリス・ベジャール・バレエ団、アイスリンクで「第九」を上演

swissinfo.chによると、ローザンヌのマレイ・アイスリンクでは今月17日から4日間、同リンクの開設50周年を記念して、ベジャールが振り付けしたベートーベン「第九交響曲」の公演が行われるそうです。

有名なフランス人バレエ振付家モーリス・ベジャールは今から約30年前、スイス・ローザンヌに自身と同名のバレエ団を設立した。彼が亡くなった2007年には存続が危ぶまれたものの、今日でも多くの観客を引きつけてやまない。芸術監督のジル・ロマンさんの下、ベジャールが振り付けをした作品がローザンヌでよみがえる。

参加メンバーの中には東京バレエ団の名前も見えますね。
ダンサー80人、演奏者90人、歌い手80人が参加する舞台、ぜひ観てみたいです。
ですが、さすがに日本での上演は難しいでしょうね……。

Screenshot of www.swissinfo.ch
モーリス・ベジャール・バレエ団、アイスリンクで「第九」を上演 – SWI swissinfo.ch