モスクワで「羅生門」をバレエ化

Sputnikに「モスクワで芥川の作品「羅生門」をバレエ化」という記事が掲載されていますね。

モスクワのスタニスラフスキイ及びネミロヴィチ=ダンチェンコ記念音楽劇場で、11月27日、バレエ「羅生門バリアシヨン」が世界で初めて上演された。この作品は、振付家のイリーナ・ルィチャギナさんのアイデアによるもので、リブレット(台本)は芥川龍之介の小説「羅生門」及び「藪の中」、そして黒沢明監督の映画作品「羅生門」を下敷きにしている。

「方向性として、私達はやはり、ロシア音楽文化の伝統にのっとりました。東洋風のモチーフを使ってスタイルを作ろうとはしませんでした。しかしそれでも、打楽器やゴングなどによって、ある程度日本色が出せていると思います。やはり日本の小説をもとに作品を作ったのですから、当然でしょう。」

舞台写真や映像などが一切掲載されていないのでいろいろ調べてみたところ、おそらくこちらのサイトに掲載されている写真が舞台の様子だと思われます。

Rashomon. Variations.

黒澤明監督の『羅生門』および芥川龍之介の小説(おそらく『羅生門』と『藪の中』)を元にしたそうですが、いったいどんな作品になったのか、非常に気になります。

どこかで映像が公開されるか、日本公演があると嬉しいですね。

モスクワで芥川の作品「羅生門」をバレエ化

http://jp.sputniknews.com/culture/20151130/1245446.html