谷桃子バレエ団の三木雄馬さんと永橋あゆみさんのインタビュー

All Aboutのバレエコーナーに谷桃子バレエ団の三木雄馬さんと永橋あゆみさんのインタビュー記事、「谷桃子バレエ団 三木雄馬×永橋あゆみ インタビュー!」が掲載されていますね。

三木>本当に満を持してですね。谷先生の『眠れる森の美女』に対するこだわりが大きくて、そう簡単にできる作品ではない、もし上演するならイリーナ・コルパコワ先生に監修をお願いしたい、という思いがあったみたいです。公演が決まったときは谷先生もお元気だったので、楽しみにされていたようですけど……。昨年の秋までは稽古場にもいらしてましたが、ちょっと体調がすぐれないようなときでも、稽古場に来るとしゃんとした姿をみんなに見せてくださってましたね。

永橋>昨年3月の『海賊』まではリハーサルをみていただいてました。私が谷先生と最後にお話ししたのは『海賊』が終わったあと。“舞台、良かったみたいね”“残念だったわ、観たかったわ”と言ってくださって……。私もこれまでバレエ団のレパートリーはひと通り踊ってきましたが、『眠れる森の美女』の全幕は踊ったことがなかったので、やっぱり嬉しい気持ちが一番ですね。ただ雄馬君がバレエ団に入ったときに初めて組んだ演目がロイヤル版の『眠れる森の美女』で、第三幕だけ踊ったことがあります。雄馬君、あのときすごく緊張してて(笑)。

今年惜しくも逝去された谷桃子さんの想い出や、2016年1月15日〜17日に上演される『眠れる森の美女』の稽古場の様子、おふたりの意気込みなど読み応えのあるインタビュー記事です。

『眠れる森の美女』のチケットは上演会によっては若干の余裕があるみたいですね。是非!

谷桃子バレエ団『眠れる森の美女』のチケット情報はこちら
icon