ウリヤーナ・ロパートキナさん「新しい職業に就いた気持ち」

ドキュメンタリー映画『ロパートキナ 孤高の白鳥』の公開日が迫ってきましたね。
シネマカフェに昨年の来日の際に彼女自身の口から語られた、出産をして母親になったことや家族のこと、これからの生き方についてのコメントが「“孤高の白鳥”、母となった貴重な私生活を語る!「新しい職業に就いた気持ち」」として掲載されていますね。

「出産したことによって、人生については変わりました」と話し始めるロパートキナ。「私はバレエのプロですので、体型が変わることについても考えました。ただ、バレエだけではない、母として前進する新しい職業に就いたのだという気持ちにもなりました」と明かす。

また、「いまだに母としてはまだまだ勉強中です」としながらも、「生まれるまでは全く分からなかった子どもに対する愛と、子どもの母に対する愛を知り、女性は子どもを持つと全く違う人生になるのだと思いました。女性の中にはいろいろな愛が眠っていて、子どもへの愛、家族への愛、親戚への愛、他人への愛などがどんどん芽生え、育まれていきます」と心境の変化を赤裸々に語った。

『ロパートキナ 孤高の白鳥』は2016年1月30日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開です。
みなさんも是非!

“孤高の白鳥”、母となった貴重な私生活を語る!「新しい職業に就いた気持ち」 | シネマカフェ cinemacafe.net

http://www.cinemacafe.net/article/2016/01/25/37292.html



公式サイト

映画『ロパートキナ 孤高の白鳥』公式サイト

http://lopatkina-movie.jp