ハンブルクバレエ団、アレクサンドル・リアブコさんとシルビア・アッツォーニさんのインタビュー

毎日新聞にハンブルクバレエ団のアレクサンドル・リアブコさんとシルビア・アッツォーニさんのインタビュー「リアブコとアッツォーニ 踊りで理解深め合い ハンブルク・バレエ来日公演」が掲載されていますね。

 独ハンブルク・バレエが3月、7年ぶりに来日する。「身体のもつ表現力を最大限に引き出し、人間心理を巧みに表現」する振付家として昨年、京都賞を贈られたジョン・ノイマイヤーが、40年余にわたって芸術監督を務める「物語バレエの牙城(がじょう)」。その信頼が最も厚く、バレエ界きってのおしどり夫婦でもあるアレクサンドル・リアブコとシルビア・アッツォーニは「人生の多様な局面が万華鏡のように繰り広げられ、踊っていても見ていても心の奥が揺さぶられる」と、ノイマイヤー作品の特長を語る。

公私ともに最良のパートナーであることが伝わってくるインタビューですね。
「バレエは身体芸術なので、ダンサーは言語・宗教などあらゆる境を超えて同じ地平に立つことができます。欧州の端と端に生まれて中央で出会った私たちは、バレエの申し子と言えるかもしれません」という言葉には人生の充実が感じられます。

2016年3月4日から始まるハンブルク・バレエ団の来日公演ですが、席によってはまだ余裕があるようです。
アレクサンドル・リアブコさんとシルビア・アッツォーニさんの夫婦競演は3月8・9日のガラ公演で観られるようですよ。
みなさんも是非!

ハンブルク・バレエ団のチケット情報はこちら
icon

Interview:リアブコとアッツォーニ 踊りで理解深め合い ハンブルク・バレエ来日公演 – 毎日新聞

http://mainichi.jp/articles/20160217/dde/012/040/055000c