Kバレエ カンパニー、中村祥子さんのインタビュー

All AboutのバレエコーナーにKバレエ カンパニー、中村祥子さんのインタビュー記事「Kバレエ カンパニー 中村祥子インタビュー!」が掲載されていますね。

『ドン・キホーテ』に初めて出演したのは2007年のキトリ役で、これまで全幕ではKバレエ カンパニー以外で踊ったことがありません。子どもの頃にヴァリエーションの練習をしたことがあるので雰囲気は何となくわかっていましたが、全幕通して踊るとなるとまた違いましたね。昔はキトリというとひたすらエネルギッシュなイメージがあったけど、最近は考え方も変わってきました。もっとお茶目なところを見せたり、ちょっと弱々しいところ、しっとり感を出した方が、ギャップの面白さが生まれる気がして。キトリにはこういう部分もあるんだ、こういうキトリもあるんだというものがお客さまに伝われば、また新たな楽しみが感じられると思う。

10代、20代のころはもう本当にバレエしか頭になくて、そのために生きてる感じでした。とにかくバレエが上手になりたかった。何かあっても朝のクラスを受ければ自然と忘れられたし、気持ちもリフレッシュできた。悩みはバレエに関することしかなかったから、それがクリアできたら解消される。“できない……、できない……。あ、できた!”の繰り返し。頑張ったからクリアできたし、だから諦めないという精神が身に付いたのかもしれません。ひとつの課題に何年もかかることもありましたけど、信じてやり続けてきたからできた。バレエはやるしかない。諦めなければ、必ずどこかで見えてくるものがある。ずっとやり続けていれば、いつかできる瞬間が必ずある。

もちろん今もバレエは好きだけど、関係性は変わったかもしれません。昔は本当にバレエしかない、これがないと生きていけないという感じでしたが、ある程度年齢がいって、家族もできると、それだけでは満たされない。バレエにだけエネルギーを注いでいると、空っぽになっちゃう。他に何か大切な時間があるからこそバレエにも新鮮なエネルギーや表現が出せるし、本当に楽しめる気がします。

母親になり、日本に拠点を移してという大きな変化を経た今の中村祥子さんの素顔が見えるようなインタビューですね。
先日TBSなどでも放映された『バレエ界のカリスマ熊川哲也 華麗なる野望』でも感じましたが、円熟の時を迎えていらっしゃるように思います。

2016年3月9日から始まるKバレエカンパニー公演『ドン・キホーテ』ですが、公演日によってはまだ余裕があるようです。
まだチケットを入手されてない方はお早めに!

Kバレエカンパニー『ドン・キホーテ』のチケット情報はこちら
icon

Kバレエ カンパニー 中村祥子インタビュー! [バレエ] All About

http://allabout.co.jp/gm/gc/462360/