新国立劇場バレエ団が2018年11月に『不思議の国のアリス』を上演!

ご存じの方も多いかと思いますが、新国立劇場バレエ団が、2018年11月に『不思議の国のアリス』を2018/2019シーズンの開幕公演として、日本のバレエ団では初めて上演すると発表していますね。

2018/2019シーズン開幕バレエ公演が、クリストファー・ウィールドン振付『不思議の国のアリス』に決定しました。
2011年に英国ロイヤル・バレエで世界初演された話題作を、オーストラリア・バレエとの共同制作により、日本のバレエ団として初めて上演。
現代の天才振付家ウィールドン振付作品が、新国立劇場に初登場します。

バレエ
『不思議の国のアリス』〔新制作〕
2018年11月
上演回数:6回(予定)
会場:新国立劇場オペラパレス
出演:新国立劇場バレエ団

振付:クリストファー・ウィールドン     
台本:ニコラス・ライト
音楽:ジョビー・タルボット         
美術・衣裳:ボブ・クロウリー
照明:ナターシャ・カッツ       
映像:ジョン・ドリスコール、ジェンマ・キャリントン
パペット:トビー・オリー
マジック・コンサルタント:ポール・キエーヴ
共同制作:オーストラリア・バレエ

大好きな作品なので、本当に楽しみです。
キャスティングがどうなるのか、個人的にはマッドハッターは誰が演じることになるかがすごく気になります。

ちなみに英国ロイヤル・バレエ団『不思議の国のアリス』の予告編はこちらです。

英国ロイヤル・バレエ団『不思議の国のアリス』のメイキング映像もどうぞ。

リハーサル映像やインタビューなど盛り沢山で見応えありますよ。

新国立劇場バレエ団といえば『ジゼル』が2017年6月24日から上演されますが、チケットはまだ余裕があるようです。
『不思議の国のアリス』も楽しみですが、『ジゼル』も是非!

新国立劇場バレエ団のチケット情報はこちら
icon



【速報】2018/2019シーズン開幕バレエ公演決定のお知らせ | 新国立劇場 バレエ

【速報】2018/2019シーズン開幕バレエ公演決定のお知らせ | 新国立劇場 バレエ

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/26_010527.html