「トゥールーズ・キャピトル劇場 カデル・ベラルビによる3つのバレエ」、DVD&Blu-rayが2017年7月28日発売

トゥールーズ・キャピトル・バレエによる3作品がセットになった「トゥールーズ・キャピトル劇場 カデル・ベラルビによる3つのバレエ」のDVD&Blu-rayが2017年7月28日に発売されるそうです。
すでにAmazon等では予約が始まっています。

【1】《海賊》/奴隷の娘…マリア・グティエレス/海賊…ダヴィット・ガルスティアン/スルタン…渡邊峻郁/スルタンの愛人…ジュリエット・テラン/海賊の仲間…デミアン・ヴァルガス《音楽》アドルフ・アダン、アントン・アレンスキー、デイヴィッド・コールマン、/エドゥアルド・ラロ、ジュール・マスネ、ジャン・シベリウス/ /デイヴィッド・コールマン(指揮)/トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団 /【2】《美女と野獣》/野獣…渡邊峻郁/美女…ジュリー・ロリア《音楽》ルイ=クロード・ダカン、ヨーゼフ・ハイドン/ジェルジ・リゲティ、モーリス・ラヴェル/【3】《死せる王妃》/フェランテ王…アートム・マクサコフ/イネス・デ・カストロ…マリア・グティエレス/ドン・ペドロ…ダヴィット・ガルスティアン/ナヴァレ王の娘…ジュリエッテ・テリン《音楽》チャイコフスキー/コーエン・ケッセルス(指揮)/トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団

特典映像…キャスト・ギャラリー/収録時間:100分(海賊)、105分(美女と野獣)、110分(死せる王妃)/音声:ステレオ2.0/dts-HDマスターオーディオ5.1(Blu-ray)/字幕:なし/画面:16:9/REGION All(Code:0)/Blu-ray・・・ニ層 50GB 1080i High Definition

【1】19世紀の古典バレエを大胆に書き換えたベラルビの手腕が生きるバレエ。プティバ版は3幕だったものを2幕にし、美しい奴隷の娘と海賊の悲恋の物語が生き生きと表現されています。グティエレスとガルスティアンの生き生きとした踊りを彩る音楽は、オリジナルのアダンの他、シベリウス、マスネ、指揮者コールマンの作品が加えられており、こちらも聴きどころ。【2】表面的な醜さを拒絶する心が、真の愛に気づくまでの心理的なドラマを鋭く描き出したこの物語は、シンプルでありながらも見事なセットと衣装、そしてバロックから近代に至るまでの音楽(特にリゲティの作品が効果的に使われています)を組み合わせ、印象的な舞踏によって表現されています。ここで主役の野獣を踊るのは、日本のエース渡邊峻郁(わたなべたかふみ)氏。2011年に異例の2段階昇格でソリストになった期待のダンサーです。【3】2011年にトゥールーズ・キャピトル・バレエのために製作されたバレエ《死せる女王》は、14世紀に実在した女王イネス・デ・カストロを巡る物語です。ポルトガルの王子ドン・ペドロとその恋人イネス・デ・カストロ、ドン・ペドロの父フェランテ王。この3人の確執と悲劇的な結末が夢幻的に描かれています。

これはなかなかお得なセットです。
新国立劇場で活躍されている渡邊峻郁さんがこの中の2作品に出演されていることもポイントですね。

これまでに発売されていた作品がセットになっているので、すでにどれかひとつでも持っていらっしゃる方にはちょっと悔しい発売情報だと思いますが……。