ウィーン国立バレエ団の木本全優さんがプリンシパルへ昇格

みなさんすでにご存じかと思いますが、ウィーン国立バレエ団に所属する木本全優さんがプリンシパル(ウィーン国立バレエ団では「ファースト・ソリスト」と呼称)へ昇格されました。

Five new promotions
NEWS | 30.06.2017
After yesterday’s “Nureyev Gala” ballet director Manuel Legris promoted five dancers of the company. Masayu Kimoto was announced First Soloist and the four Corps de ballet dancers Elena Bottaro, Adele Fiocchi, Sveva Gargiulio and Oxana Kiyanenko became Demi Soloists.

Five new promotions | News | Staatsoper | Wiener Staatsoper

 ウィーン国立バレエ団に所属する木本全優さん(29)が、他団体の「プリンシパル(最高位)ダンサー」に当たる「ファースト・ソリスト」に昇格することが決まった。関係者に入った連絡で分かった。妻の橋本清香さんも2016年、同バレエ団で日本人初のファースト・ソリストに昇格。現在も活躍中で、夫婦そろっての快挙となる。

 6月29日にウィーンで行われた「ヌレエフ・ガラ」の公演後、マニュエル・ルグリ芸術監督が木本さんの昇格を発表した。木本さんは兵庫県出身。パリ国立高等音楽院に留学、ドイツのドレスデン歌劇場バレエ団を経て、08年にウィーン国立バレエ団入り。13年にファースト・ソリストに次ぐソリストになった。
 木本さんが3歳の頃から指導に当たった中田バレエシアター(兵庫県姫路市)の中田弥生さんによると、木本さんは昇格決定を受け「こんな日が来るとは思ってもいなかったので、うれしさよりも驚きの方が大きいが、これからも名前に負けないように頑張っていきたい」と喜びを伝えたという。

木本全優さん、最高位ダンサー昇格=ウィーン国立バレエ団:時事ドットコム

おめとうございます!
奥様の橋本清香さんと一緒にプリンシパルだなんて、本当に素晴らしいですね!

こちらは以前ご紹介した、ウィーン国立バレエ団制作の木本全優さん紹介映像です。

ちなみに木本全優さんと橋本清香さんは2017年8月に大阪・兵庫で上演される『Artistic Ballet Gala』に出演される予定です。
チケットはすでに発売中ですので、みなさんも是非!

『Artistic Ballet Gala』のチケット情報はこちら
icon