吉田都さんが2020年9月から新国立劇場バレエ団芸術監督に就任

すでにご存じの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、2018年6月28日に開催された公益財団法人新国立劇場運営財団理事会において、舞踊部門の次期芸術監督予定者として、吉田都さんが芸術参与に就任することが決定したそうです。

6月28日に開催した公益財団法人新国立劇場運営財団理事会において、中西宏明日本経済団体連合会会長が当財団会長に選任、尾﨑元規現理事長が再任され、大野和士オペラ芸術参与、小川絵梨子演劇芸術参与がそれぞれオペラ及び演劇の芸術監督に就任することが承認されました。
また、舞踊部門において、吉田都氏が次期芸術監督予定者として芸術参与に就任することが決定しました。任期は、それぞれ以下のとおりです。

舞踊次期芸術監督予定者芸術参与   吉 田 都 (よしだ みやこ)

芸術参与任期:2018年9月1日~2020年8月31日(2年間)
芸術監督任期(予定):2020年9月1日~2024年8月31日(4年間)

<参考> 現・舞踊芸術監督  大原 永子(おおはら のりこ)
任期:2020年8月31日まで

新国立劇場からのおしらせ。新国立劇場では、オペラ、バレエ、ダンス、演劇など最高水準の現代舞台芸術を発信し続けます。

素晴らしいニュースですね。
ダンサーとしても今なお素晴らしいご活躍をされ、さらに後進育成やローザンヌ国際バレエコンクールの審査員などの活動でも日本バレエ界をリードする存在の吉田都さんです。
これからの新国立劇場バレエ団にさらに大きく期待ですね。



新国立劇場バレエ団 公式サイト

新国立劇場 バレエ

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/