『これで先生のアドバイスどおりに踊れる! バレエ整体ハンドブック』、2019年2月15日発売

バレエのための「セルフチューニング術」を紹介した書籍、『これで先生のアドバイスどおりに踊れる! バレエ整体ハンドブック』が、2019年2月15日に発売されるそうです。

内容紹介
どうして先生に注意されても直せないの?

何度も先生に注意をされているのに、なかなか直せない。バレエをやっている方なら誰もが経験していることだと思います。できていないのはわかっているのに、直せない。
「なぜ直せないのか?」
それには理由があります。直そうとするあまり、その部分だけに集中してしまい、身体をつなげて動かせていないからなのです。
実はバレエにはバレエ用の身体の動かし方があり、それらはすべてつながっています。
たとえば「骨盤が立っていない」とアドバイスされたとき、それは骨盤だけの問題ではありません。上半身、体幹、脚のつながりまで意識する必要があります。
そう言われると難しく感じてしまいますがご安心ください。
本書では、そのつながりに基づいた「セルフチューニング術」をご紹介します。この方法はダンサーさんが多数訪れている著者の治療院で実際に効果が出ているものです。
簡単ですが身体の使い方のコツを実感でき、自然ともっと踊れる身体になり、ケガも減っていきます。バレエ初心者でも、身体が硬くても大丈夫。
身体を整えて、踊れる身体を作ってしまいましょう!
著者について
島田智史(Satoshi Shimada)

東京都港区三田にある鍼灸院「専心良治」院長。 現在、年間2,600人以上に対して施術を行っている。整形外科で3年勤務後、2010年治療院開院。
開院後に施術した人数は約20,000人。 バレエに有効な体の使い方、調整に定評がある。 訪れるクライアントは、日本全国のみならず海外からにも及ぶ。

個人的にすごく気になる書籍です。
身体について詳しく知りたい方、「セルフチューニング術」について知りたい方は是非。