本格クラシックバレエ漫画『絢爛たるグランドセーヌ』13巻が2019年6月20日発売

バレエ好きならほとんどの人が手に取っているかもしれない本格クラシックバレエ漫画『絢爛たるグランドセーヌ』の最新刊、第13巻が2019年6月20日に発売されますね。

内容紹介
YAGP NY決選進出者発表後、奏達はマンハッタンへと移動する。決選に進出できなかった者も、リハーサルやスカラシップ・オーディションに参加するが、ファイナリストでなければ、ソロでのガラ公演には出演できない。奏や翔子、絵麻、ミリアムらは結果を前に何を思うのか…。昨日を超えて、明日へジャンプ!! 本格クラシックバレエ・ロマン第13巻!!

奏ちゃんたちが参加しているYAGPもいよいよ佳境のようですね。
どんな結果が出るのか楽しみなような怖いような……。
(いつものことながら単行本でしか読んでいなくてすみません。)

毎回似たようなことを書いているような気もしますが、この『絢爛たるグランドセーヌ』は本当に魅力溢れる作品です。
主人公の奏ちゃんたちだけではなく、彼女たちを支える家庭、バレエ教室の先生たち、踊ることは辞めてもバレエに関わろうとする人、バレエ団で活躍する現役トップダンサー、コンクールの審査員、バレエ団関係者、いろんな立場の目線から描いているので、多角的に重層的にいまの「クラシックバレエ」が伝わってくる物語になっていると思います。
もちろんクラシックバレエに青春を捧げた少女の成長物語としても楽しめるので、子どもから大人まで男女関係なく楽しめる作品です。

もしまだ読んだことがない方は1巻から順番にじっくりと、そして最新刊を楽しみにしている方々、もうすぐ発売ですよ。

電子書籍版もありますので、お好みで是非。