オーレリー・デュポンさんのパリ・オペラ座さよなら公演『マノン』のDVDが2016年7月20日発売!

昨年5月にパリ・オペラ座バレエ団を引退し、今年2月に同バレエ団の芸術監督に就任したオーレリー・デュポンさんのパリ・オペラ座さよなら公演『マノン』のDVDが2016年7月20日に発売されるそうです。
すでにAmazon等では予約が始まっています。

パリ・オペラ座のエトワールを引退した世界最高峰の麗しき踊り子。
オーレリー・デュポンの最後の舞台となった「マノン」を収録した永久保存版。

[内容解説]
2015年5月にパリ・オペラ座ガルニエ宮にて上演されたオーレリ・デュポンさよなら公演が待望のDVD化。
長年トップエトワールとして世界中の多くのバレエ・ファンに愛され続けた麗しき踊り子、オーレリ・デュポン。
本公演をもって引退し、その後はパリ・オペラ座の芸術監督を務めます。
ケネス・マクミラン振付、全3幕。アベ・プレヴォーの原作にインスパイアされたマクミランが、
その個性的な登場人物や劇的な展開に対しての心酔を余すところなく表現した作品です。

修道院に入るためパリ郊外の宿屋を訪れた、美しく官能的ながら純粋な心を持った主人公マノン。
そこで若き神学生デ・グリューとたちまち恋に落ち、駆け落ちをします。
目まぐるしい環境の変化の中、様々な誘惑に晒されたマノンは、その魅力で自らの幸福を追い求めるのですが、
やがて運命の荒波にもまれ悲劇的な結末に向かっていきます。

瑞々しいまでの透明感で、可憐にマノンを演じるオーレリ・デュポン。
デ・グリュー役のアメリカン・バレエ・シアターのロベルト・ボッレ含む5人ものエトワールが出演し、
その最後の舞台に華を添えています。
永遠に語り継がれる豪華絢爛たるさよなら公演の貴重な映像をお楽しみ下さい。

<全3幕 収録日:2015.5.18 パリ・オペラ座 ガルニエ宮>

[スタッフキャスト]
出演
マノン:オーレリ・デュポン
デ・グリュー:ロベルト・ボッレ
レスコー:ステファン・ビュリョン
ムッシューGM:バンジャマン・ペッシュ
レスコーの情婦:アリス・ルナヴァン
マダム:ヴィヴィアン・デクチュール
看守:カール・パケット

振付:ケネス・マクミラン

指揮:マーティン・イエーツ
演奏:パリ国立歌劇場管弦楽団

FRAの映画公開版予告編映像があったので一応貼っておきます。

収録内容は今年4月25日にNHK BSプレミアムで放送されたものと同一のようです。
放送を観てない人はもちろん、観た人も録画した人も、永久保存版として買うしかありませんね!

ただ個人的にはBlu-rayでも発売して欲しいなと思います。