新国立劇場バレエ団プリンシパル、長田佳世さんが現役引退

新国立劇場バレエ団プリンシパルの長田佳世さんが現役引退されるそうです。

新国立劇場バレエ団のプリンシパル長田佳世が、2016年12月19日(月)13:00開演の新国立劇場バレエ公演「シンデレラ」および日本バレエ協会公演「ラ・バヤデール」(2017年1月22日(日)18:00開演)での主演をもって、ダンサーとしての現役を引退することとなりました。
これまでご支援くださいました皆様へ厚く御礼申し上げます。

<長田佳世 プロフィール>
大阪府出身。2009/2010シーズン新国立劇場バレエ団へソリストとして入団し、翌年アシュトン「シンデレラ」で初の主役を務めた。13年プリンシパルに昇格。「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「ジゼル」などの古典やバランシン、ビントレー、エイフマンほかの振付による数多くの作品で主役を踊っている。

素晴らしい踊りで観るたびに感動をいただいていたので非常に残念です。
最後の舞台となる『シンデレラ』と『ラ・バヤデール』、楽しみたいと思います。

新国立劇場バレエ団のチケット情報はこちら
icon

新国立劇場バレエ団プリンシパル 長田佳世が現役を引退 | 新国立劇場 バレエ

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/news/detail/161020_009311.html