バレリーナになりたいムスリムの少女

ハフィントン・ポストに世界で初めてヒジャブをつけたまま踊るバレリーナになるための取り組みを始めたムスリムの少女ステファニー・ ケルロウさんを取材した記事「バレリーナになりたい。ヒジャブをつけて踊るムスリムの少女、14歳の願い」が掲載されていますね。

ステファニー・ ケルロウに会いに行こう。彼女はオーストラリア、シドニー出身の14歳。多くの10代の女の子たちと同じように、将来の夢はプロのダンサーだ。

「シドニー・モーニング・ヘラルド」紙によると、ケルロウは2歳のときにダンスを始めた。6年前に、両親と、2人の兄弟とともにイスラム教に改宗してからは、バレエを辞めなくてはいけないのでは…と感じているという。シドニー南西部の郊外に住む彼女は、ヒジャブをつけたままダンスのレッスンをしてくれるスクール」がないと語る。

ケルロウさんは2月3日、世界で初めてヒジャブをつけたまま踊るバレリーナになるための取り組みを始めた。バレエスクールに1年間通うために必要なレッスン料、その他の経費を集めることをを目的とした「LaunchGood」(ローンチ・グッド)のキャンペーンを開始したのだ。

しかし、彼女の究極の目的は、クラウドファンディングによるレッスン料にとどまらない壮大なものだという。ケルロウは、自身の経験を生かして、最終的には様々な宗教、人種、背景を持つ子どもや10代の若者の夢に応えられるパフォーマンス・アートの学校を開きたいと思っている。

道のりは長く難しいでしょうけど彼女を応援したくなります。
伝統的なバレエ団では彼女を受け入れることは非常に難しいとは思いますが、いつか建前ではなく「バレエの前では、人種や宗教に関係なく、人は皆平等」な世界が来ることを願います。

バレリーナになりたい。ヒジャブをつけて踊るムスリムの少女、14歳の願い

http://www.huffingtonpost.jp/2016/02/07/first-muslim-hijabi-ballerina_n_9179674.html