「ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2016-2017」配信上映決定!

昨年にひきつづき、ロシアの名門バレエ団『ボリショイ・バレエ団』のステージ「ボリショイ・バレエ inシネマ Season2016-2017」を、2016年12月14日(水)を皮切りに全6作品、全国の映画館にそれぞれ1日限定配信することが決定したそうです。

今シーズンは、人気の高いチャイコフスキー3大バレエ(白鳥の湖、眠れる森の美女、くるみ割り人形)をはじめとした伝統を継ぐ完璧な古典主義と、型破りなパーフォーマンスを携えた映画館初上映の作品やコンテンポラリーまで、多彩なラインナップを大スクリーンでご堪能いただけます。モスクワのボリショイ劇場で鑑賞しているような臨場感溢れた舞台、そしてバックステージ独占映像と幕間のインタビューは、日本ではなかなか視聴できない貴重な体験です。ボリショイが世界最高峰のバレエ団の一つであることをあらためてご確認いただけることでしょう。是非、お見逃しなきよう、全国の映画館にお越しください。

【ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2016-2017公開概要】
≪タイトル≫ 
ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2016– 2017

≪配信作品および日時≫
2016年12月14日(水)19:30~ 『くるみ割り人形』 2014年12月収録上映
2017年2月8日(水)19:30~ 『眠れる森の美女』 新作ディレイ上映
2017年2月22日(水)19:30~ 『白鳥の湖』 2015年1月収録上映
2017年3月29日(水)19:30~ 『明るい小川』 2012年4月収録上映
2017年4月19日(水)19:30~ 『現代の英雄』 新作ディレイ上映
2017年5月17日(水)19:30~ 『コンテンポラリー・イブニング』 新作ディレイ上映
※作品の詳細は、ライブ・ビューイング・ジャパン 「ボリショイ・バレエ in シネマ 日本公式サイト」

ボリショイ・バレエ団のステージを12/6(水)より「ボリショイ・バレエ inシネマ Season2017-2018」と題し全8作品それぞれ1日限定上映!臨場感溢れた舞台、そしてバックステージ独占映像と幕間のインタビューもお届け!
 をご覧ください。
≪会場≫ 全国各地の映画館 
※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府の映画館では、条例により終映が22時を過ぎる場合、 18歳未満の方は保護者同伴でもご入場いただけません。予めご了承下さい。

≪料金≫ 全席指定 3,000円(税込)  
※2016年12月14日(水)上映の『くるみ割り人形』 は、TOHOシネマズ 日本橋、ミッドランドスクエア シネマでは、Dolby ATMOSにてお楽しみいただけます。こちらの上映に限り、料金が3,200円(税込)となります。
≪一般チケット発売≫
『くるみ割り人形』 2016年 12月1日(木) 12:00 ~ 2016年 12月13日(火) 12:00

今年はなかなか公式の発表がなかったのでヤキモキしましたが、やっと情報が出ました。
上映会場等の詳しい情報は「ボリショイ・バレエ inシネマ Season2016-2017」公式サイトでご確認ください。

普段なかなか劇場に足を運べない方も気軽にバレエを観られるチャンスだと思います。
バックステージ独占映像と幕間のインタビューも楽しみです。
是非!

「ボリショイ・バレエ in シネマ Season 2016-2017」のチケット情報はこちら
icon



公式サイト

ボリショイ・バレエinシネマ Season2016-2017

http://bolshoi-cinema.jp