ハンブルク・バレエ団2018年日本公演の公演概要が発表

記事にするのが遅くなってしまいましたが、NBS日本舞台芸術振興会が、2018年2月に予定されているハンブルク・バレエ団2018年日本公演の概要を発表していますね。

「椿姫」 プロローグ付全3幕
アレクサンドル・デュマ・フィスの小説に基づく

音楽:フレデリック・ショパン 振付・演出:ジョン・ノイマイヤー(1978年) 美術・装置:ユルゲン・ローゼ

2月2日(金)18:30
(マルグリット)アリーナ・コジョカル  (アルマン)アレクサンドル・トルーシュ
(マノン)シルヴィア・アッツォーニ  (デ・グリュー)アレクサンドル・リアブコ
(デュヴァル氏)カーステン・ユング  (プリュダンス)菅井円加
(ガストン)カレン・アザチャン  (オランピア)フロレンシア・チネラート

2月3日(土)14:00
(マルグリット)アンナ・ラウデール   (アルマン)エドウィン・レヴァツォフ
(マノン)カロリーナ・アグエロ    (デ・グリュー)クリストファー・エヴァンズ
(デュヴァル氏)イヴァン・ウルバン  (プリュダンス)パトリシア・フリッツァ
(ガストン)マティアス・オベリン (オランピア)シュー・リン

2月4日(日)14:00
(マルグリット)エレーヌ・ブシェ   (アルマン)クリストファー・エヴァンズ
(マノン)有井舞耀    (デ・グリュー)カレン・アザチャン
(デュヴァル氏)ダリオ・フランコーニ (プリュダンス)レスリー・ヘイルマン
(ガストン)ヤコポ・ベルーシ  (オランピア)エミリー・マゾン

ガラ公演 〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉 2部構成

「キャンディード序曲」「アイ・ガット・リズム」「くるみ割り人形」「ヴェニスに死す」「ペール・ギュント」「マタイ受難曲」「クリスマス・オラトリオ」「ニジンスキー」「ハムレット」「椿姫」「作品100─モーリスのために」「マーラー交響曲第3番」より

音楽:バーンスタイン、ガーシュウィン、チャイコフスキー、バッハ、ワーグナー、シュニトケ、ショスタコーヴィチ、ティペット、ショパン、サイモンとガーファンクル、マーラー
振付・演出・語り:ジョン・ノイマイヤー

2月7日(水)19:00  カンパニー総出演

「ニジンスキー」 全2幕
音楽:フレデリック・ショパン、ロベルト・シューマン、ニコライ・リムスキー・コルサコフ、ドミトリー・ショスタコーヴィッチ
振付・舞台装置・衣裳:ジョン・ノイマイヤー

2月10日(土)14:00
(ニジンスキー)アレクサンドル・リアブコ   (ディアギレフ)イヴァン・ウルバン   (ロモラ)エレーヌ・ブシェ
(ブロニスラヴァ・ニジンスカ)パトリシア・フリッツァ (スタニスラフ・ニジンスキー)アレイズ・マルティネス
(タマラ・カルサーヴィナ)シルヴィア・アッツォーニ (レオニード・マシーン)ヤコポ・ベルーシ

【ダンサーとして役を演じるニジンスキー】
(『謝肉祭』のアルルカン)アレクサンドル・トルーシュ   (『ばらの精』)アレクサンドル・トルーシュ (『シェエラザード』の黄金の奴隷)カレン・アザチャン (『遊戯』の青年)ヤコポ・ベルーシ (『牧神の午後』の牧神)カレン・アザチャン
(ペトルーシュカ)ロイド・リギンズ

2月11日(日)14:00
(ニジンスキー)アレクサンドル・トルーシュ   (ディアギレフ)カーステン・ユング   (ロモラ)カロリーナ・アグエロ
(ブロニスラヴァ・ニジンスカ)レスリー・ヘイルマン (スタニスラフ・ニジンスキー)コンスタンティン・ツェリコフ
(タマラ・カルサーヴィナ)シュー・リン (レオニード・マシーン)リロイ・ブーン

【ダンサーとして役を演じるニジンスキー】
(『謝肉祭』のアルルカン)クリストファー・エヴァンズ   (『ばらの精』)クリストファー・エヴァンズ (『シェエラザード』の黄金の奴隷)マルク・フベーテ (『遊戯』の青年)リロイ・ブーン (『牧神の午後』の牧神)マルク・フベーテ
(ペトルーシュカ)ロイド・リギンズ

2月12日(月・祝)14:00
(ニジンスキー)アレクサンドル・リアブコ   (ディアギレフ)イヴァン・ウルバン   (ロモラ)エレーヌ・ブシェ
(ブロニスラヴァ・ニジンスカ)パトリシア・フリッツァ (スタニスラフ・ニジンスキー)アレイズ・マルティネス
(タマラ・カルサーヴィナ)シルヴィア・アッツォーニ (レオニード・マシーン)ヤコポ・ベルーシ

【ダンサーとして役を演じるニジンスキー】
(『謝肉祭』のアルルカン)アレクサンドル・トルーシュ   (『ばらの精』)アレクサンドル・トルーシュ (『シェエラザード』の黄金の奴隷)カレン・アザチャン (『遊戯』の青年)ヤコポ・ベルーシ (『牧神の午後』の牧神)カレン・アザチャン
(ペトルーシュカ)ロイド・リギンズ

■ 会場:東京文化会館(上野)

■ 演奏:「椿姫」は東京フィルハーモニー交響楽団、〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉と「ニジンスキー」は特別録音による音源を使用します。

■ 入場料(税込み)
S=¥23,000 A=¥20,000 B=¥17,000 C=¥14,000 D=¥11,000 E=¥8,000
未就学児童のご入場はお断りします。

また2018年2月17日には、ロームシアター京都での京都公演も予定されています。

公演日時
2018年2月17日(土)
開演時間 14:00

会場
メインホール

出演
振付・演出・ナレーション:ジョン・ノイマイヤー
ハンブルク・バレエ団

予定演目
『キャンディード序曲』、『アイ・ガット・リズム』、『くるみ割り人形』、『ヴェニスに死す』、
『ペール・ギュント』、『マタイ受難曲』、『クリスマス・オラトリオⅠ-Ⅵ』、『ニジンスキー』、
『ハムレット』、『椿姫』、『作品100―モーリスのために』、『マーラー交響曲第3番』

上演時間
約3時間(予定)

お問合せ先
ロームシアター京都チケットカウンター
TEL.075-746-3201(10:00~19:00、年中無休)

いまから本当に待ち遠しい公演です。
アリーナ・コジョカルさんを観られることも楽しみですし、『椿姫』、『ジョン・ノイマイヤーの世界』、『ニジンスキー』とどの演目も楽しみです。
また今回は東京だけでなく京都公演もあることも素晴らしいと思います。

個人的にはもっともっといろんなカンパニーの東京以外での公演が増えれば良いなと思っています。
もちろん経費や集客の面で難しいだろうということも分かっていますが、地道に地方公演を続けることによって、日本の舞台芸術への理解が根付いていくのだとも思います。

ちなみにハンブルク・バレエ団2018年来日公演のチケットは、東京公演のNBS WEBチケット先行発売が2017年9月15日から、一般発売が10月7日から、京都公演の先行発売が2017年9月17日から、一般発売が9月24日からとなっています。
お忘れなく!

ハンブルク・バレエ団のチケット情報はこちら
icon



NBS日本舞台芸術振興会

ハンブルク・バレエ団2018年日本公演 公演概要決定!/What’s New/NBS日本舞台芸術振興会

http://www.nbs.or.jp/blog/news/contents/topmenu/-2018.html

ロームシアター京都

ハンブルク・バレエ団ガラ公演<ジョン・ノイマイヤーの世界>|公演・イベント|ロームシアター京都

http://rohmtheatrekyoto.jp/program/6776/