ETV特集「瑠璃の舞台~杉本博司 オペラ座への挑戦~」、2020年2月15日放送

パリ・オペラ座が350周年を迎える2019/2020年シーズンのオープニング作品として、杉本博司演出による『At the Hawk’s Well/鷹の井戸』(ウィリアム・バトラー・イェイツ原作)が、2019年9月から上演されました。
その創作の現場を追ったドキュメンタリー「瑠璃の舞台~杉本博司 オペラ座への挑戦~」が、2020年1月15日午後11時から、NHK Eテレで放送されるそうです。

2月15日土曜
NHKEテレ1 午後11時00分~ 午前0時00分
ETV特集「瑠璃の舞台~杉本博司 オペラ座への挑戦~」

今、世界が最も注目する日本人アーティストの一人、杉本博司。創作活動は、写真作品や建築、文楽の演出にまで及ぶ。2019年秋、杉本が任されたパリ・オペラ座350周年公演が大きな話題となった。新作舞踏劇「鷹の井戸」。舞うのは“エトワール”と呼ばれる世界トップクラスのバレエダンサー、そして日本を代表する能楽師・観世銕之丞。斬新なアイデアが注ぎ込まれた舞台はどのように作られたのか。杉本の創作の秘密に迫る

【出演】現代美術作家…杉本博司,観世流シテ方…観世銕之丞,【語り】高橋美鈴

去年秋、パリで話題を呼んだオペラ座350周年公演。バレエ界のトップダンサーと能楽師が舞う幻想的な世界。演出を任された現代美術作家・杉本博司の斬新な舞台作りを追う

こちらはパリ・オペラ座が公開した『At the Hawk’s Well/鷹の井戸』の紹介映像です。

Hiroshi Sugimoto about At the Hawk's Well
At the Hawk's Well by Hiroshi Sugimoto
At the Hawk's Well by Hiroshi Sugimoto

演出は杉本博司、音楽は池田亮司、そして振付は日本でも活躍のアレッシオ・シルベストリンという、ある意味夢のような組み合わせがパリ・オペラ座で実現したというのは本当にすごいことだと思います。

またこの番組で取り上げられた公演『At the Hawk’s Well/鷹の井戸』は、同じくNHK Eテレで2020年2月20日(木)午前0:59分から放送されるとのことです。

パリ・オペラ座350周年公演 新作舞踏劇「鷹の井戸」全編を、20年2月20日(木)午前0:59〜(19日深夜)に[Eテレ]で放送予定です。

まずは2020年1月15日午後11時から、NHK Eテレのドキュメンタリーを見るしかありませんね。
録画予約をお忘れなく。



「瑠璃の舞台~杉本博司 オペラ座への挑戦~」紹介ページ

ETV特集 – NHK

Screenshot of www4.nhk.or.jp

スポンサーリンク