新国立劇場バレエ団『Men Y Men』、池田武志さんのインタビューと稽古場レポート

2016年2月6日〜11日に公演の新国立劇場バレエ団『Men Y Men』ですが、エンタメ特化型情報メディア スパイスに「男性ダンサー達が組んず解れつ! バレエ『Men Y Men』禁断の稽古場に潜入取材。」という記事が掲載され、池田武志さんのインタビューと稽古場レポートの動画が公開されていますね。

『Men Y Men』
英国ロイヤル・バレエでプリンシパル・ダンサーとして活躍し、オランダ国立バレエやイングリッシュ・ナショナル・バレエで芸術監督を歴任したウエイン・イーグリングによる作品です。イーグリングは、新国立劇場バレエ団では2014/2015シーズンの開幕作品『眠れる森の美女』における、古典の優美さを持ち合わせつつ現代的感覚を活かした振付が賞賛されました。本作品はイングリッシュ・ナショナル・バレエにおいて2009年に初演。男性ダンサーのみで踊られ、高い身体能力と音楽性を兼ね備えたダンサーの動きが流れるように変化しながら「柔らかさ」と「強さ」を描き出す、洗練された美しい作品です。クラシック・バレエを基礎とした現代的な振付の妙を是非ご堪能ください。

アクロバティックでいて美しい、男性のみで踊られる作品ならではの魅力の一端を垣間見たように思います。
同時上演の『ラ・シルフィード』とともに非常に楽しみな作品ですね。

チケットはまだ席に余裕があるみたいです。みなさんも是非!
新国立劇場バレエ団のチケット情報はこちら
icon

男性ダンサー達が組んず解れつ! バレエ『Men Y Men』禁断の稽古場に潜入取材。 | SPICE – エンタメ特化型情報メディア スパイス

http://spice.eplus.jp/articles/30548

ラ・シルフィード/ [新制作] Men Y Men | 新国立劇場 バレエ

http://www.nntt.jac.go.jp/ballet/performance/150109_006130.html