ノーザン・バレエ『1984』、DVD&Blu-rayが2018年5月25日発売

SF小説の古典的名作、ジョージ・オーウェル著「一九八四年」を題材に、ノーザン・バレエがジョナサン・ワトキンスさんの振付によって制作した作品『1984』のDVD&Blu-rayが、2018年5月25日に発売されるそうです。

まずは予告編映像をどうぞ。

ジョージ・オーウェルの名作「1984」にもとづく、
話題沸騰の振付師ジョナサン・ワトキンスによる感動作!

【プレス・レビュー】
観衆の心をつかんで離さないストーリー展開(ザ・ステージ)
野心的で切実、感極まる新たなバレエの誕生(ザ・デイリー・テレグラフ)

物語の主人公、ウィンストン・スミスは、その一挙手一投足を「ビッグ・ブラザー」に監視される非情な画一社会に生活しています。しかし、ジュリアに会い、恋に落ちたスミスは反乱を企てますが・・・
 イギリスのナラティヴ(物語)・バレエの最先端を行くノーザン・バレエによって上演された作品です。音楽はトニー賞にノミネート歴のある作曲家アレックス・バラナウスキ。この『1984』は人々のバレエに対する見方を変えてしまうことでしょう。とりわけウィンストン・スミス役のトビアス・バトレイとジュリア役のマーサ・リーボルトの生き生きとした肉体表現とその表情から目が離せません。背筋も凍る結末では、いかに自分が対象を凝視しているだけでなく、自分もまた相手から視られていることに気づかされるのです。
 2016年サウス・バンク・スカイ・アーツ賞ダンス部門 部門賞受賞作品。(輸入元情報)

【収録情報】
● バレエ『1984』

 振付:ジョナサン・ワトキンス
 音楽:アレックス・バラナウスキ
 美術:サイモン・ドー
 出演:
 守護者/サンジョイ・ロイ
 ウィンストン・スミス/トビアス・バトレイ
 ジュリア/マーサ・リーボルト
 オブライエン/ジャヴィア・トレス
 チャリントン氏/高橋宏尚
 パーソンズ/ジュリアーノ・コンタディーニ
 アンプルフォース/ケヴィン・ペン
 マーティン/アシュレイ・ディクソン
 レッド・プロール/ヴィクトリア・シブソン
 演奏:ノーザン・バレエ・シンフォニア管弦楽団
 指揮:ジョン・プライス=ジョーンズ

 収録:2016年

● 特典映像:ジョナサン・ワトキンス『1984』を語る(英語)

 収録時間:88分
 画面:カラー、16:9、HD
 音声:LPCM 2.0、DTS-HD 5.1 Master Audio
 Region All

ちなみにこちらは公開リハーサルの映像です。約1時間あります。

個人的にすごく発売が楽しみな作品です。
一九八四年」の作品世界をどのようにバレエ作品として立体化させ、成立させたのかというところにすごく興味を持っています。

興味の湧いた方、原作小説も合わせて、是非!