パリ・オペラ座バレエ団『プレイ』、DVD&Blu-rayが2018年9月28日発売

パリ・オペラ座バレエ団が2017年に上演したアレクサンダー・エクマンさん振付作品『プレイ』のDVD&Blu-rayが、2018年9月28日に発売されるそうです。

現代最高の振付家アレクサンダー・エクマンが初めてパリ・オペラ座バレエ団とコラボレーションした映像が登場。古典演劇と現代語法を巧みに結び付け、ユーモアのセンスを隠し味にした彼の振付は、子供時代の夢をそのまま具現化したかのように、魅惑的でエネルギッシュ。空間に吊り下げられた金属のオブジェや床に敷き詰められたボールと共に舞うダンサーの姿は強い印象を与えます。この新作のためにエクマンは彼の協力者である作曲家ミカエル・カールソンに音楽を依頼し、優れたゴスペルシンガー、キャリー・デイとパーカッション奏者アデライーデ・ファリエールを起用し、バレエの殿堂ガルニエ宮に新風を吹き込むました。

6万個のボールを舞台に降らせたり、巨大な白いボールをダンサーと観客で投げ合ったりなど、遊び心のある演出と構成が話題となった2017年初演のアレクサンダー・エクマンさん振付作品『プレイ』が、ついにDVD&Blu-rayで登場ですね。
アレクサンダー・エクマンさんご用達のミュージシャン、ミカエル・カールソンさんの音楽もいつも通り格好良いです。

パリ・オペラ座バレエ団による予告編映像はこちらです。

Play – Trailer

個人的にすごく欲しいと思っていた作品なので発売が待ち遠しいです。