BS1スペシャル「バレエの王子になる!~“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」、2019年9月16日再放送

先日放送されて話題となった、世界最高峰の名門バレエ学校「ワガノワ・バレエ・アカデミー」で学ぶ男子生徒たちに密着するドキュメンタリー、BS1スペシャル「バレエの王子になる!~“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」が、2019年9月16日午後3時から、NHK BS1で再放送されるそうです。

世界屈指の名門バレエ学校で、美しい若手イケメンダンサーたちが自らの限界に挑む!トッププロを目指す19歳の日系人の若者に密着。競い合う仲間は10年に1人の逸材と呼ばれる天才ダンサーや、モデルもこなす美少年など、世界中から集まった個性あふれる若者たち。スパルタ指導する校長はロシアが誇る伝説のダンサー。厳しい指導に耐え、切磋琢磨しながら成長していく青春の日々と、ロシアバレエの魅惑の世界を描く。

【語り】原田美枝子

世界屈指の名門バレエ学校で、美しいイケメンダンサーたちが自らの限界に挑む!トッププロ目指す19歳の日系人の若者に密着。スパルタ指導に耐え成長する青春の日々を描く

番組スタッフから
【この番組を企画したきっかけ】
バレエはどちらかというと、女性が踊るもの。華やかで美しい世界というイメージがありました。そうした中で、男性のバレエというものを知り、いったいどういう世界なのかと思うようになりました。ですので、最初は興味本位というのが正直なところ。さらに今回舞台となったロシアは芸術の国。特にバレエは、国民の誇りであり、ロシア芸術の象徴です。そのロシアバレエの礎を作った方がアグリッピナ・ワガノワという女性です。そんな彼女の名を冠した、世界最高峰の名門バレエ学校「ワガノワ・バレエ・アカデミー」で学ぶ男子生徒たちに密着させていただくことになりました。

【見どころ】
主人公は世界のトップダンサーを目指す男の子たち。卒業を間近に控え、様々な試練と向き合っています。幼い頃から毎日バレエに打ち込んできた彼らは、この番組で、鍛えられた身体、これまでの鍛錬で得た技術で、美しい踊りを舞台で見せてくれます。しかし、舞台の上の美しさの裏側では、どれだけの苦労や努力があるのか、密着することで知ることができました。美とは厳しさの中にあるということを彼らから学びました。彼らの舞台から戻った裏側の息遣いも含めてお伝えする予定です。そして生徒たちを指導するアカデミーの校長がインタビューで語った言葉「この世界で奇跡は起きない!才能もコネクションも何の意味もない。努力しか踊り続ける術はない」この言葉にこの番組の全てが集約されていると思います。
バレエが好きな人はもちろん、今まで関心がなかった方も、ひとつの青春物語として、ご覧いただけたらうれしいです。

(番組ディレクター髙橋泰一)

ということで、前回の放送を見逃してしまった方、今度こそお見逃しなく!
放送はNHK BS1で2019年9月16日午後3時からですよー。



BS1スペシャル「バレエの王子になる!~“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」紹介ページ

BS1スペシャル「バレエの王子になる!~“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」

Screenshot of www4.nhk.or.jp