キューバの伝説的バレリーナ、アリシア・アロンソさんが死去

かつてアメリカン・バレエ・シアターで活躍し、その後キューバ国立バレエ団を設立した伝説的バレリーナ、アリシア・アロンソさんが亡くなられたそうです。

 アリシア・アロンソさん(キューバの伝説的バレリーナ)本人が創設したキューバ国立バレエなどによると、17日に死去、98歳。ディアスカネル国家評議会議長は「不滅の業績を残した」とツイッターでたたえた。

 20年ハバナ生まれ。38年から米ブロードウェー・ミュージカルに出演し、40年に現在のアメリカン・バレエ・シアター入り。プリマとして活躍した。網膜剥離を患い20歳ごろにほとんど視力を失ったが、かすかな光と影を頼りに踊り続けた。(ハバナAFP時事)。

アリシア・アロンソさん(キューバの伝説的バレリーナ)本人が創設したキューバ国立バレエなどによると、17日に死去、98歳。ディアスカネル国家評議会議長は「不滅の業績を残した」とツイッターでたたえた。

NBS日本舞台芸術振興会ではアリシア・アロンソさんの追悼ページが開設されています。

 20世紀の伝説のバレリーナの一人に数えられ、日本にも1970~80年代に〈世界バレエフェスティバル〉などでたびたび来日したキューバのアリシア・アロンソが、10月17日ハバナで亡くなりました。享年98歳でした。
 ハバナでバレエを始め、のちアメリカに渡ってバレエ・キャラバン(のちのニューヨーク・シティ・バレエ)やアメリカン・バレエ・シアター、またバレエ・リュス・ド・モンテカルロを中心に世界的に活躍。1948年にキューバで立ち上げた自身のバレエ団が1955年にキューバ国立バレエ団となり、以後はその芸術監督を務めて、故国にバレエを根付かせた「キューバの至宝」と謳われました。

<img alt="carmen.jpg" src="" width="696" height="564" class="mt-image-center" style="text-align: center; display:

このサイトでも何度かご紹介しましたが、本当に素晴らしい作品をいくつも世に送り出した方だったと思います。
心からお悔やみ申し上げます。

アリシア・アロンソさんを描いたドキュメンタリー映画『ホライズン』はまだDVD等で発売されてないことが残念ですが、彼女が残したキューバ国立バレエ団『ドン・キホーテ』はAmazonビデオなどで観ることができます。
もしご覧になったことがない方がいらしたら、是非。

Don Quixote | National Ballet of Cuba | Grand Palais 2007 (DVD trailer)
ドキュメンタリー映画 『ホライズン』 予告編