NHK Eテレでパリ・オペラ座バレエ団『鷹の井戸』を2020年2月20日放送

2020年2月20日(木)【2月19日(水)深夜】午前0時59分から、NHK Eテレで、パリ・オペラ座が350周年を迎える2019/2020年シーズンのオープニング作品として、杉本博司演出により上演された『At the Hawk’s Well/鷹の井戸』が放送されるそうです。

[Eテレ]
2020年2月20日(木) 午前0:59~午前1:39(40分)

世界が注目するアーティスト、杉本博司が演出したパリ・オペラ座350周年記念公演をノーカットで!バレエ界のトップダンサー“エトワール”と能楽師が紡ぐ幻想的な舞台

【出演】観世銕之丞,アレッシオ・カルボーネ,ユーゴ・マルシャン,リュドミラ・パリエロ,パリ・オペラ座バレエ団

ETV特集でメイキングを放送したオペラ座350周年記念公演。新しい表現に挑み続ける杉本博司が、アイルランドのノーベル賞作家イエイツの戯曲「鷹の井戸」を、斬新な舞踏劇に生まれ変わらせた。振り付けはフランクフルトバレエ団で活躍したアレッシオ・シルベストリン、作曲は電子音楽の池田亮司。オペラ座のエトワールと、能楽師・観世銕之丞が舞う圧巻の舞台。去年の秋、パリで大きな話題となった公演の全編をお届けする

こちらはパリ・オペラ座が公開した『At the Hawk’s Well/鷹の井戸』の紹介映像です。

At the Hawk's Well by Hiroshi Sugimoto
At the Hawk's Well by Hiroshi Sugimoto
Hiroshi Sugimoto about At the Hawk's Well

先日制作現場を追ったドキュメンタリー「瑠璃の舞台~杉本博司 オペラ座への挑戦~」が放送されたばかりの『At the Hawk’s Well/鷹の井戸』ですが、今度は本編の放送です。

先日も書きましたが、演出は杉本博司、音楽は池田亮司、そして振付は日本でも活躍のアレッシオ・シルベストリンという、ある意味夢のような組み合わせがパリ・オペラ座で実現したというのは本当にすごいことだと思います。

ちなみにドキュメンタリー「瑠璃の舞台~杉本博司 オペラ座への挑戦~」は本編の放送前、本編と同じくNHK Eテレで、2020年2月20日(木)【2月19日(水)深夜】午前0時から再放送されますので、先日の放送を見逃してしまった方はそちらも是非。

『ETV特集』は、さまざまな社会問題を取り上げるドキュメンタリー番組です。考えるヒントを提供する「心の図書館」であることを目指しています。

パリ・オペラ座バレエ団『鷹の井戸』の放送は、NHK Eテレで、2020年2月20日(木)【2月19日(水)深夜】午前0時59分からです。
録画予約をお忘れなく。

そしてパリ・オペラ座バレエ団といえば、2020年2月27日から来日公演が始まりますね。
公演日と席種によってはまだ余裕があるようです。
そちらも是非。

パリ・オペラ座バレエ団のチケット情報はこちら
icon

スポンサーリンク