ローザンヌ国際バレエコンクール2021、映像審査形式へ変更

2021年2月7日追記:
ローザンヌ国際バレエコンクール2021のファイナルの結果についてはこちらの記事をどうぞ。

ネットでのライブ中継をご覧になっていた方はすでにご存じだと思いますが、ローザンヌ国際バレエコンクール2021の決勝が終わり、順位と各賞の発表...

みなさんすでにご存じかもしれませんが、昨今の新型コロナウィルスの再流行の結果、来年開催の第49回目となるローザンヌ国際バレエコンクール2021が、映像審査形式へと変更されると発表されました。

Due to the current pandemic situation and related restrictions, the Fondation en faveur de l’Art Chorégraphique has had to rethink the usual form of its main event. Exceptionally, the 49th edition of the Prix de Lausanne will be a Video Edition!

例年通り参加者の中から20人のファイナリストが選ばれ、さらに2021年2月6日に入賞者が決定されますが、その過程はビデオでの審査となり、会場には9人の審査員のみが参加するとのこと。

つまり審査員の前で踊るのではなく、ビデオを提出し、その映像で審査される形式になります。また参加者は大会前に指導者からオンラインクラスが受けられるように調整中とのことです。

またローザンヌ国際バレエコンクール2021から新設されるヤング・クリエーション・アワードもビデオ形式で開催され、2021年2月3日に結果発表、そしてローザンヌ国際バレエコンクール2022において上演される予定とのことです。

個人的にはコンクールそのものが開催されるのか不安に思っていましたが、例年とは大きく形式を変えて開催、ということでちょっとだけ安心しました。
ただし、例年ですと大会期間中はネットを通じてライブ中継がありますが、それがどうなるかについてはまだ正式なアナウンスがないようです。

今後の公式アナウンスを待ちましょう。

ローザンヌ国際バレエコンクール2021の出場者についてはこちらの記事をどうぞ。

2021年2月7日追記: ローザンヌ国際バレエコンクール2021のファイナルの結果についてはこちらの記事をどうぞ。 ...



ローザンヌ国際バレエコンクール2021 予告編

Prix de Lausanne 2021 – Trailer

ローザンヌ国際バレエコンクール 公式サイト

Home – Prix de Lausanne

Screenshot of www.prixdelausanne.org

モナコ王立プリンセス・グレース・アカデミー所属のマルコ・マシャリ(Marco Masciari)さんが1位となる結果で、ローザンヌ国際バレエ...
スポンサーリンク